So-net無料ブログ作成

【総理大臣杯】いよいよ開幕! [競艇]

WBC第2ステージ初戦(vsキューバ)は、勝ったねぇ。
いやいや、アジア予選の松坂を見ていて平気かなぁ~と思っていたけど、素晴らしすぎるピッチングだった。
コーナーギリギリに入るストレートを見せたかと思うと内角のカーブ、キレのあるカットボール。
もちろん城島のリードも良かったのだが、あのピッチングは素晴らしかった。
しかし、問題は次の韓国戦。
先発はおそらくダルビッシュになるだろうが、やはりボールが合わないのか、抜ける球が多く不安たっぷり。
いつも通りのピッチングができれば、安心なのだが、松坂、岩隈が投げれないから、信用できるのはダルビッシュしかいないと言うことだとマズい。ダルビッシュで間違いないという選択肢のもとで投げさせるなら、負けても仕方ないが。。。
まぁでも韓国の2人の左投手とは対戦済みだし、バッティングも前回みたいな不甲斐なさはないだろうから、失点が少なく済めば、打ち勝つとおもうけど。
どちらにせよ明後日。総理杯の合間に見るとします。

では競艇の話題に。
来月行われる、55周年トーキョーベイカップになんと、松井が参戦。
SG以外で平和島に来るのはすご~く珍しい。
メンバー的にも今月行われた54回トーキョーベイカップとはかなり変わっている。
まぁ不運にも2ヶ月続けての周年となってしまったから、メンバーが代わり映えしないと面白くないしね。
平和島さんも斡旋頑張った。
でもドリーム戦の1号艇「濱野谷」と2号艇「阿波」は前回と同じってのがちょっとね。
ファン投票で決められるから仕方無いけど。地元で濱野谷が得票数負けたら可愛そうだし。

さぁそしていよいよSG第1戦、総理大臣杯が明日開幕。
俺にとっては準地元の多摩川水面だし、ここは気合の入る一節と言うことで明日は開幕休暇。
しかも週末は3連休と総理杯漬けの1週間となる。
SGらしくイベントも様々予定されているのだが、多摩川のイベントスペースであるイーストスクエア「風」は非常に狭い。
まさかSGのイベントもそこでやるとは思わなんだ。
特設ステージを作ってやるのだろうと思っていた。
狭いのはステージだけではなく客席も、客席とは呼べないくらい。
あれじゃどんな派手なイベントやっても半減してしまう。
あれだけ広いスペースがあるのだから特設ステージくらいいくらでも作れる気がするのだが。。。
ファンとの距離を考えたら、最も身近なのかも知れないが、SGともなると集まるファンも多いだろうし、人で溢れ返ってゆっくりイベントを楽しむと言うわけにはいかなそう。
大きな大会ってのはイベントも楽しみの一つなのに残念でならないよ。
せっかく「ジョイマン」や「秋山莉奈」「こまつ」とわりと見たいイベントがあるのに。
まぁ、今回はレースに熱中するとしよう。

という事で、恒例のドリーム戦予想と行きます。
艇番は以下の通り。
 1号艇 松井
 2号艇 吉川
 3号艇 井口
 4号艇 坪井
 5号艇 湯川
 6号艇 濱野谷

さすがSG、優勝戦といってもいいくらいの艇番とメンバーだ。
う~~ん。。。しかしこれは1-2としか言いようが無い。モーターや風向きにもよるけど。。。
井口の3コースってのも怖いが、2号艇が吉川だけに1マークを優位な展開で迎えるのは難しい。
ダッシュ利かせて攻めるとすれば坪井となるが、初日ではいつもの「パねぇ」伸びはまだついてこないだろうからこれまた難しい。
スタート決める湯川も多摩川の5号艇じゃ遠いい。
チル3でもやってくれば一発捲り、または外の濱野谷の差しが入る展開も十分あるが、さすがにこれは当日にならないとわからない。
しかも平和島にくらべて、多摩川ではそれほどチル3が効きづらいし、SGだから湯川もチル跳ねはしないと思う。
濱野谷は6号艇だけに展開向かないと自力では1着は無理。
1-2以外で可能性があるとすれば、吉川の差しきりで2-1くらいなもん。
結果、誰でもできる予想になってしますが、
「1-2-3」
1本勝負と言いたいが、地元で多摩川の特性を十分に知っている濱野谷はやはり絡めたい。
という事で、

 1-2-3
 1-2-6

以上2点。
オッズは1桁になる恐れありとお伝えしておきます。

続いて優勝選手予想!!
今シリーズは1コースを逃げれない選手の優勝はないと考えていいと思うんだなぁ。
平和島や戸田であれば、センターコースから挽回のチャンスもあるが、多摩川では1号艇を勝てない選手のセンター戦はやや期待薄。1コースを逃げるとはどのシリーズでもSGを勝つための第一条件となるが、1コースから逃げて更に他の艇番でも攻められる選手がやはり優勝に一番近い選手となるでしょう。
1コースの逃げは多くの選手が決めてくると考えられるし、予選突破も意外と混沌としてくるかも。
結局モーターを出した選手が優勝することになる可能性は高いから、節イチに仕上げるは誰かに尽きる。
しかし、それを度返しして今回も予想をして見ましょう!

まずは「吉川」
今競艇界で最も強いと言ってもいい、それ以外あれこれ言う必要なしです。
どのコースからでもしっかり着を重ねてくることでしょう。

続いて、最近好調の三角哲男。
最近はSGであまり姿を見かけなくなったが、今年に入ってからは調子がいい。
スタート力もあるし、地元水面でもあるから、久々のSGウィナーに帰り咲いてくれるのではと大きく期待している。

そして田中信。
ここ数ヶ月の田中を見ていて、改めてやっぱ強いなぁ~と再認識したのだが、去年も今年もやっぱり安定的に強い。
多摩川との相性はわからないが、インが強い水面での田中は外せないことを思い知ったのであります。
と言うことで、意外と思う人もいるかもわからないが「田中信一郎」怖いです。

他は今年に入ってからの好調組、池田、田村、飯山の3名だけど、その中でも飯山。
最近はペラが当たっているだけに初のSG制覇も可能性十分。
外枠でもチル3に跳ね上げて1着をとりに来る攻めの姿勢はヒットしたらヤバイんです。
彼の場合は「伸び=勝ち」の方程式は崩せない、伸びが付くのがどのタイミングかにもよるが、勝手知ったる地元多摩川、最初から全快でくるでしょう!

他の銘柄級はもちろんモーターが仕上がれば優勝に近いが、誰が仕上げてくるかなんて今の所わからんから、現段階で優勝候補として可能性を感じるのは以上4名と言うところ。
エース濱野谷についてはいつも通り「優勝」と言い切れない。
もちろん地元エースとしての最低限の役割(準優出)は果たしてくれるだろうが。。。
「勝負強さ」や「整備力」という観点から見ても、優勝戦に乗ってもモーター出しているメンバーに入ったら勝ちきれるかどうか。。。
もちろん予選道中でペラがマッチすれば、やってくれる感も出てくるが、あまり出ている濱野谷ってみないしなぁ。
どんなモーターも仕上げる選手であれば「必ず仕上げて優勝する!」と言い切れるのだが。。。
でも、レースの技術力は上位であることは言うまでもない!
地元の意地もあるし、活躍してくれることは信じてる!

と今日も勝手なこと抜かしましたが、09年SGシリーズいよいよ明日開幕!
WBCよりも総理杯!!
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

アダムス

全検ではドリーム組は、吉川だけアシが辛そうですね。
井口に期待したいです。
多摩川だけに、センターからの全速戦に期待したいです。

モイチがエースモーターひいたので、モイチに頑張っていただきたい。
モイチといったら、多摩川なのでぜひ優出を。
by アダムス (2009-03-17 01:14) 

アダムス

訂正します。
全検→前検。
by アダムス (2009-03-17 01:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。