So-net無料ブログ作成

『第56回モータボート記念』開幕!! [競艇]

さていよいよ開幕です。

『第56回モータボート記念』

全国24競艇場から選出された代表24人に、去年の賞金王ファイナリストと主催者推薦の選手たちが顔を連ねるSG。

まずはモーター抽選結果から見てみると、仲口が勝率ナンバー1モーターを手に。
また厄介な選手が取ったもんだ。
足がよければそこそこ成績を残す。
しかし後半になると皆に追いつかれたり、勝ちきれなかったりと、舟券組み立てる上ではなかなか厄介なわけであります。
決して嫌いな選手じゃないから応援しますが。

そして珍しく東都のエース憲吾が上位級モーターを引きやがりました!!
これは期待できるかもと思いきや、先日書いた通り怪我が・・・・
う~ん・・・酸素カプセルに入ってたということだし、どれくらい回復しているのかが鍵ですが。
前半はおそらく人気を集めることだし、序盤は舟券対象からはずして様子見ましょう。
その方が配当もおいしくなるし。
ろんもちで、東京にSGを持ってきて欲しいから応援はしてますが。

続いて前検タイムを見てみると、むむむっ!!!
我らが東京支部の矢後がトップではありませんか!
しかもこのタイムはチルト3度じゃないか?
矢後は先日の蒲郡周年でチルト3度でフィーバーし捲くり千代子。。。しまくり、優勝戦1号艇をゲットした、蒲郡のミスターチル3であります。
優勝戦でも1号艇6コースチルト3度に挑戦したがあえなく大敗。
あの時の忘れ物をとりに。
今回も3度でブイブイ言わせて欲しい!

湯川が以前、チルト3度ではSGの優勝はできないと言っていたが、矢後ならできます。
チル3好きの東京の皆様、矢後を応援しましょう!!

後は、仲口はやはりモーターがいいんだね。
あまりタイムを出してくるイメージは無いんだけど、しっかり上位に入っている。
やはり少々厄介な存在になりそう。

圧巻は大嶋親分。
最下位モーター引いときながら、上位に食い込んでるじゃあ~りませんか。
愛知では負ける訳には行かないからね。


続いて気になる選手コメント。
これがみんなして手応えあり的なコメントしてる。
こんなに揃ってそこそこなんて、最近じゃみたことねぇ!
じゃぁ誰がいいんじゃい!
わかったよ、じゃぁ自分の目で確かめればいいんだろ。
明日からじっくり見させてもらうよ。


という事で、今回も勝手に注目選手!!

まずは先にも挙げた、大嶋親分でしょうな。
必ず1コース取りに動くし、前に付けた以上はどんなに深くてもスタート決める最年長。
地元の後押しもあるし、モーター云々なしで準優出は残してきそう。

そして同じく蒲郡で負けられない人がいる!!
赤岩善生であります。
こちらもモーター云々抜きで、18枠には入ってくるでしょう。
いや、入って欲しい!!

後は前本!!
個人的には競艇選手で5本の指に入るくらい差しがウマイと思っている、そしてかなり信頼を置いている前本であります。
(ちなみに他に差し名人と押しているのが、萩原秀人とお伝えしておきます。)
内よりで上位着、中から外で中間着でまとめてきます。
ネームバリュー的に、銘柄と走ると落ちるかも知れないが、皆さん気をつけなはれや!!

それから、最近の好調振り無視できない。秋山直之。
矢後が大敗した蒲郡周年で優勝を遂げたのが何を隠そう、この人であります。
ロックオン走法で2、3着重ねてきます。

逆に最近不調続きの魚谷智之。
何の根拠も無いんだけど、今回はやりそうな予感がする
昔取った「夜王」の称号を再びであります。

最後に心に留めておいて欲しいのは、上瀧、石川の両名。
「えっ?」って感じなんでしょうが、何も言わずにこの2人にも注目をしておいてください。
優勝までは行かないにしても、無視するとヒドイ目にあうと思うよ。


濱野谷、作間は個人的に応援しているが、高らかに注目してくれとはいえないかな・・・
まぁ濱野谷は怪我の具合しだいだけど。
成績が駄目なら、怪我のせいだと思ってくれ。
今年の濱野谷は去年の走りとは一味違うんだから。

まぁなにはともあれ、甲子園も終わったことだし、皆で蒲郡に熱中しよう!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。