So-net無料ブログ作成
検索選択

【大村周年G1】服部今季2回目の記念制覇! [競艇]

桐生モーターボート大賞、常滑チャレカと旅打ち計画をしていることもあり、最近サボり気味だったデリカ再改造計画を本格始動しようとおもっております。
まずは課題であったベッド土台のサディングから。
これを済まさないと次の光艇(それは今垣やちゅうねん)、工程に入れないし、まずはここを今週末から全力で取り組みたいと思っております。
それが終わったら、土台補強とテールゲートカーテンをつければ完成となります。
今週末、気合入れて頑張りマンモス(高相法子風)


さてさて昨日優勝線を向かえた「大村開設57周年記念 海の王者決定戦(G1)」は、服部先生の優勝で幕を閉じました。
今期2度目のG1制覇、賞金上積みで年末12枠の意味でも大きな優勝となった。
「服部先生、優勝おめでとう!」
今節は№1モーターを引当、回りの注目も浴びていたのだが、2着1回、3着1回以外はオール1着と素晴らしい成績で、その期待に答えたわけであります。
いくら超抜モーターを引き当てたからといって、G1であそこまでしっかり勝てる選手は多くない。さすがに服部先生。
なんだか最近記念の服部を見ていてスタートに非常に違和感があり、「服部らしくない、なんかあったか?」なんて思っていたのだが、俺の思い過ごしだったようです。
今回の優勝で賞金王当確ラインまで上がってきたわけで、賞金王での松井vs服部にも期待したいと思います。

一方これでまた順位を下げたのが濱野谷。現在11位といよいよヤバイ位置になってきた。
やっぱこの時期のF休みは痛いよねぇ。
12位の田村と400万、13位の赤岩とは1000万の差があるけど、この後のG1とチャレカで十分に入れ替わる可能性がある。
「非常~~に危険です!!(テレンスリー風)」

今日からは、びわこ開設57周年 びわこ大賞(G1)。
東京からは、三角、飯山、作間、福島パイレーツメンバーも多く参戦している。
中でも飯山はこのシリーズが大事になってくる。
まだまだ年末の12枠を狙える位置にいる飯山。ここで一発優勝でもかませば一気にチャレカ勝負にまで持ち込める。
今日の足色を見ても悪く無さそうだし、琵琶湖は捲りの聞く水面だから、飯山のタイプなら可能性は十分。
頑張れ飯山!!

もう一人の注目は赤岩。
最近では男前な発言で競艇仲間のアダムスも虜になっております。
去年と同じくボーダー付近にいる赤岩だけに、ここ1ヶ月のG1シリーズがどれだけ大事かを本人はよ~くわかっているはず。
1つでも上の着をとりに行く、気合の走りを見せてくれるでしょう。

しかし琵琶湖はインが逃げないねぇ。
1コース1着が4本で30%程度。
それでも戸田なんかに比べれば良い方かも知れないが・・・
まぁでもこのまま最終日までは行かないにしても、かなりややこしい水面です。
「だけどもだっけど(小島よしお風)」
平和島育ちのおいらにとって、「そんなの関係ねぇ~」
そもそも琵琶湖は俺からしたら好相性の水面。
あっさりと攻略してやります。
そして万舟券をまたしても頂き、明日以降がっつり獲ってしまおうと、こんな風に考えているわけでございます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

拝啓、松井様 [競艇]

『56回 全日本選手権』は1日延期し、火曜日に終了。
絶対王者がブッチギリのイン逃げ切りで優勝。
そして、これで賞金王争いはトップに!
SG2勝している池田を抜いてのトップ。尋常じゃない。
まぁ前回のMB記念でも1号艇乗っているわけだし、SG優出常連だけに、さすがと言った感じ。

実はMB記念前に松井の父が倒れ、MBは心に整理をつけながらのシリーズだったようだ。
そんな状況でも優出を果たしたが、結果はご存知の通りイン逃げ失敗。
家に帰ってから父に「自分のせいで2着になってしまって悪かった」と言われ、ダービーでのリベンジを堅く誓ったそうだ。
全検日に家を出る時、初めて父に「頑張ってくる」と声をかけて尼崎に向ったという。
そんな様々な事情や思いがある中で、優勝ゴールを突き抜けた王者。
共同記者会見では感極まって涙ぐむ一幕もあったようです。

拝啓 松井様、初のダービー制覇おめでとうございます。目指す称号は賞金王でしょうが、あえて言わせていただきます。
『おめでとうダービーキング!!』

あくまでも目指すのは年間SG3勝、欲しい称号は賞金王と優勝インタビューでも言っていたが、決して不可能な目標で無いことだけは確かです。
地元住之江での賞金王で初日1号艇はほぼ手中に収めたし、これから年末の絶対王者振りに注目しましょう。

そして予選トップだったのだが、準優まさかの2着でまたしてもあと一歩のところでSG制覇を逃がしてしまったのが白井。
そこまで来ている栄冠になかなか手が届かない、悔しい思いを続けているわけであります。
我々が開催した「準優戦勝手に前夜祭」で、一人で白井の優勝に乾杯をしていた後輩だったが、またしても白井に完敗となってしまって、彼もまた残念だったことでしょう。
(その割には、優勝戦は松井からがっつり買っていたようですが・・・)
しかし優勝戦トップスタートは守田がコンマ17。
スタート巧者の市川、白井、井口ともに踏み込めなかった・・・守田も強引に捲ろうとしたが、あのスタートではいくら2,3コースが凹んでも、松井にはしっかり伸び返されるわけで。
SG優出者の皆様にお願いしたいのは、何度も言いますが、やっぱりもう少し自身を持ってスタート踏み込んでいただきたい。
井口が始めてSG覇者となった平和島笹川賞。
この時のスタートはコンマ07。
やはり初タイトルがかかったレースで気合も入っていたのだろうが、勇気と自身を持っていけてたスタート野郎だった。
その後賞金王になって、お腹イッパイになったのだろうか、今回の優勝戦ではコンマ19・・・あの時の勢いはどこへやら。
今回は6コースだったが、笹川賞と同じようにコンマ07で出ていたら捲れたことでしょう。
銀河系は一通りSGはとってるし、これからは勢いの走りではなく、安定感の走りになるのでしょう。
チームブッコミ隊長の田村なんてもはや全然ブッコンでないし。。。
来年のSGで勢いのある新生の登場を待ちましょう。

さて次回のSGは11月後半。常滑でのチャレンジカップ。
賞金王出場者の選考期間が11月末なので、本当に最後のチャンスとなる。
賞金王決定戦の12枠は個人的見解で、上位6人(松井・池田・菊池・今垣・瓜生・吉川)が当確。
残る枠は6。
ダービー終了時点で、25位の市川が4000万でチャレカ優出があれば、優勝しなくても12枠に入る可能性は充分ある。
しかもチャレカまでにG1が6本もあるんだから、ここでの成績も多いに関わってくる。
ダービーF休みだった濱野谷も9位まで落ちていよいよ危ないところになってきた。
東京で可能性があるのは、濱野谷と飯山の二人、それ以降の選手はチャレカ優勝でしか望みがない。
ここはなんとしても、濱野谷には踏ん張ってもらいましょう。
まぁこんな東京のファンの思いが彼に届いているわけもないですが。
競艇やっていればいつかは賞金王獲れると思う」なんてナメたこと言ってるくらいだし。
東京支部じゃなかったら絶対に賞金王なんて獲らせてやりたくない奴ですから。

まぁ何はともあれ、まずはG1ラッシュとなる1ヶ月をしっかり注目していくとしよう。
そしてしっかりチャレカ資金を調達していこう。
そして、桐生モーターボート大賞、常滑チャレンジカップともに、旅打ち計画をしている今日この頃なのであります。
nice!(0)  コメント(0) 

【SG 全日本選手権】2日目 本命迷走中! [競艇]

昨日は台風で中止になってしまった。
稼ぎ時のSGで日にちがずれ込むとは、尼崎はついてないですな。
俺も開幕戦は休暇をもらおうと思ったのだが、台風情報をみて「これは8日の中止もありうる」とすると、優勝戦は順延!!
ということで開幕の休暇はやめ、優勝戦日に変更!
と言うことで明日から4連休となるけど仕方ないよね。SGの優勝戦ですから。

では早速初日を終えたダービー話題に。
しかしビックリした!まぁビックリしたぁ~!気づかなかったよ~
初日、出走表を見て10Rぐらいに差し掛かったとき、「ん~そういえば濱野谷はドリームじゃないから11Rか。」と思って11R見たらいない。。。
あれ見落としたか?
と思って再度確認。。。やっぱいない。。。え~っ!
まさかF休み?
バカヤローー!大事な一戦なのに・・・
少し期待していたのだが、まぁF休みじゃ仕方ない。
こうなると、その分まで他の東京支部に頑張ってもらわないといかん。
2日目までは皆まずまずの成績。

作間はここまで251で内容も悪くない。今日の2コース差しも見事だった。
足も良さそうだし可能性は十分ある。
そう言えば開幕前、レジャチャンのサイトを見ていたら、珍しく解説者の長嶺さんが「作間」注目なんて書いてあった。
なんでも前回尼崎G3のダービー勝負がけで見事に優出してダービーを決めたときと同じエンジンを引いたと作間が話し掛けてきたらしい。
自分なりに手ごたえを感じたものだったと言う。
どう調性すればいいかを知っているだけに、こう言う時は注目した方が良いとのこと。
でも確かに初日からエンジンは良さそうだし、明日の段階で準優に有利な結果を残しておきたい。
俺が見るに、作間の場合は今日が早くも勝負がけだった!
1号艇をこれから向かえるわけだし、これをしっかり逃げれば準優いけるでしょう。
明日以降も作間に期待!

それから好調を伺わせるなのは逆にノーマークだった角谷。
モーターはすごく良さそうで、ここまで221と好成績!
いつも展示タイムを出さない角谷がかなり出ているし、スリットから出て行く雰囲気もある。
これは優出も期待できるかも!
明日から後半レースに組まれる可能性が高いだけに、気合入れて残りを消化して欲しい!

つづいて注目モーターを引いた飯山。
確かに直線タイムは出ているが、2日目終わって415とちょっと冴えない。
本人コメントでも、モーターがイマイチとのこと。
後3日オール3連対でも厳しいわけだから後が無い。
もう少しスタート踏み込んで、思いっきり行って欲しい!

そしてそして、優勝度本命に押した魚谷。
昨日は見事な差しで1着取って見せたが、本日は6着の大敗。
足は並といったところだろうが、後はセンター2本だから気合で上位着を取ってくる可能性は高い。
まだまだ死んでないよ魚谷は!

もう一人の地元注目選手、松本も好成績で準優濃厚となってきた。
もはや人気となっているから美味しい思いは出来ないが、準優戦あたりになれば人気も多少落ちるだろうから狙い目とお伝えしておきます。

そしてドリーム1号艇をしっかり逃げた吉川はやっぱり安定した着残すなぁ~大崩しないところが彼の強さ。
足も良さそうで、地元でもある、これはやっぱり吉川有利か。。。
しかしひとつ気になることが。
今日の10Rで吉川と競った服部が結局吉川を交わして3着に入っている。
あまり目立つ足に感じないが、本人も良いってコメント出しているし、かなり来ていると見た。
グラチャンのリベンジなるかね。

予選道中はまだまだこれからだから、上位はどう入れ替わるか分からんが、明日早くも勝負がけを迎える選手も多くないわけで、、、
しかし今節の松井はヤバイ!
昨日のドリームからの吉川猛追といい、今日の2コース差しといい。
既に仕上がってる。今年初のSG制覇に死角なしといったところ。
今節も怖い存在になりそう。

ちなみに舟券的には今節苦戦しております。
想定の展開とはほど遠い結果となっており、初日は1本も取れていない。非常に厳てぃ~!
まだ尼崎の特徴がまだつかめない。。。
まぁでも後5日もあるわけだから、しっかりつかんで巻き返しを図ります。
nice!(0)  コメント(0) 

【SG全日本選手権】開幕前夜! [競艇]

さぁいよいよ明日から始まるSG第6戦『56回 全日本選手権』、通称ダービー
賞金王勝負がけの重要なSGとなります。

現在の賞金ランキングトップはろんもちでSG2勝の池田浩二。
他SG覇者4名 + 松井は当確となるが6位の濱野谷以降は決して油断できない。
SGの場合優出完走しただけでG1優勝より高額な賞金が出るわけだから、今回と次回チャレカの優出メンバーしだいでは十分に入れ替わる可能性はある。
ボーダーを仮に7000万とすると、現在6位の濱野谷は6000万であと1000万の上乗せが必要。
もし仮に濱野谷以下の6名が優出した場合、濱野谷は一気に12位のボーダーまで転落してしまう。
逆に濱野谷が優出したら、賞金王当確が出ることでしょう。
と言うことで、可能性がある選手達はガチで来るはず。
ボーダー付近の坪井、吉川、田村、服部、田中信、今村、白井、赤岩、湯川も強豪も揃い踏みで参戦と言うことで、これはもう混戦必至とお伝えしておきます。

そんな争いとはかけ離れたところにいるが、前回触れた通り「作間章」が今節は参戦。
去年のチャレカでは優出を果たし、SGクラスの実力を証明したにも関わらず、今年はイマイチな年となってます。
おそらくは今節はオッズも人気つかないだろうと読んでします。
でも同期の実力者もベイパーの仲間も揃っている今節、環境的には問題ないはずだし素質の高い選手なわけだから、その実力を如何無く発揮させて、2年連続の賞金王シリーズに進出を決定付けてくれるでしょう。
長らく作間舟件禁止をしておりましたが、今節より解禁するとお伝えしておきます。

そしてもう一人、今年の総理大臣杯で今垣の妨害失格に注目が集まってしまった準優戦でコンマ01のフライングに散った市川哲也が今節でSG復帰。
平均スタートタイミングはコンマ13。
今節では”スタート野郎”菊池のコンマ12に次ぐ早さ。
あの総理杯はまさしくSG準優戦といえる超ハイレベルなスタート合戦だったと思うが、今垣の妨害失格と市川のフライングによりあの賞賛に値するハイレベルなスタート戦は影に埋もれてしまった。。。
今垣は次の笹川賞でも苦汁を舐めたが、グラチャンでようやくSGタイトルを手にし、既に賞金王当確を出しているが、市川はあれから初のSGとなる。
艇界屈指のスタート野郎は、あの日のリベンジを胸に誓っているはず。ここは一つ注目しましょう!

続きまして~今回も勝手に注目選手を上げさせていただきます。
まず一人目は『松本勝也』
モーターに左右される傾向にはあるが、最近では果敢に前付に行き、着を取りに行くレースも多く見られるし、地元開催である以上はさらに積極的に行くと見ています。
SGでも準優、優出と結果を残してきているし、準優出はしてきそうな予感をさせます。
万舟好きは前半戦に松本で勝負で美味しい思いが出来るかも。
ただし今節は選手長になる可能性もあるから、その重責がどう影響するかが未知。

続いて『今坂勝広』
いつ以来かわからんが、かなり久々のSG戦となる今坂。
最近は一般戦回りが多かったが、俺はしっかり見てました。
一般戦が多いとはいえ5月からの得点率「8.11」と全体3位で優勝も5回と来年の総理杯も手中に収めそう。
夏の浜名湖G1でも優出しているし、技術的にはやはりSGクラスの実力であります。
認知度の面でスター選手には見劣りするかもしれんが実力は十分。
松本と同様に美味しい思いをしたければ、前半戦は今坂で勝負してください。
特に3・4コースの場合は要注意!

最後に、今回の優勝候補ド本命に押したいのが『魚谷』
ここまでのSG戦はイマイチなレースが続いているが、地元尼崎での魚谷は一味違う。
モーター抽選に見放され、予選1号艇は無いのが厳しいが、勝率の悪いモーターではないから、しっかり着を重ねて準優には駒を進めてくるでしょう。
同じ地元でもドリーム戦1号艇の吉川の方が有利だし安定した強さを見せているが、ここはあえて魚谷をド本命に押したいと思います。
舟券では人気を集めると思うが、3連単で魚谷は外さないことをおすすめします。

とここまでは前検結果度返しで注目選手を挙げさせてもらったが、もちろんトップクラスが集まるSGはモーター性能ありきになる。
注目モーターを手にしたのは、木村、飯山、柏野、西島あたり。
ちょっと厄介な選手が手にしてしまった。
この4名は無視できないでしょう。特に西島はダッシュ、前付けと場合によって使い分けてくる選手。
一節通して彼の同行とコメントを見ないと、どう勝負に出てくるのかを正確に判断できないのでご注意を!
そして特に期待したいのは東京勢としてやっぱり飯山。
いつも伸びをつける飯山が好調モーターを引いた日には、逃げて、捲って、つけまわる。
今回はマジで優勝も狙えるのではないかと思っている。
かれこれ2年前のダービーからSG優勝のない東京勢に、久しぶりの栄冠を持ち帰ってくれるでしょう!


何はともあれ明日開幕!!
ろんもちで全レース消化して、こちらも大勝をあげるつもりでございます。
少々天気が心配だが、台風直撃は免れない様子。
天気予報を見る限り優勝戦は連休明けを覚悟しておいたほうが良さそうとお伝えしておきます。
nice!(0)  コメント(1) 

旅打ち号ホテルデリカ改造計画 [競艇]

今日から10月。。。早いなぁ~。
これから寒くなる一方で、寂しい限りでございます。
まぁでも日本には冬の訪れる前に紅葉(前田じゃございません)なんていう情緒豊かな秋がある。
宿泊設備も出来たマイカーで紅葉狩りにでも行こうかと思う今日この頃なわけです。
人気はなんと言っても京都だが、この前行ったばかりだし、あの混雑を振り返ると紅葉している木々より人の方が多そうで行く気になりません。
ここは既に見頃を迎えている東北方面にでも出向こうかと思っているわけあります。

先立ってマイカーの快眠空間充実を目論み改良を加えた結果、いくつかの問題点がクリアできそうな勢い。

まずは車内での食事スペースの確保。
前回はベッドを半分組み立てた状態でないと2段目の安定感が確保出来なかったため、半分は組み立てた状態で走りつづけた。
これにより当然車内に座敷スペースが出来ず、車内で食事をしようと思ったら狭いスペースで食べなくてはいけない状態だった。
この前の旅は天気が良かったから外で食えたが、雨が降ったらどうしようも無い。
しかしこれをベッドを組み立てられるように改良。
これにより車内には座敷スペースが出来るため、ゆったりと飯が食えるようになる。
それと同時に、走行中の2列目のスペースも広がる。

続いては木屑。
土台を木で組んでいるだけに木屑が結構落ちるのだ。
そのため全体をしっかりサンダーで削って木屑の落ちないよう仕上げる。

続いては目張り。
前回は車内にカーテンを張りめぐらしたのだが、手間がかかるし圧迫感がでる。
という事で、自作で全窓分のサンシェードを作成。これで窓にくっつけるだけだし圧迫間も感じなくて良い。

続いて寝心地。
前回でもかなりの寝心地と思っているのだが、さらに強力アイテムであるエアーベッドの導入を決定!
これで完璧になります。

最後に現在検討中なのが予備バッテリー
これがあればエンジンをかけなくても電源がつかえる。かなり重宝する代物と思っているのだが、安いものでもないし本当に必要か思案中。

他にも細かい改良店を加えて、さらにグレードアップした愛車はその活躍の時を待つわけであります。
こうなればどこまでもいける。
北海道九州一周旅行も可能なレベルに仕上げたいと、このように思っております。


さてさて秋といえば「食欲の秋」「運動の秋」「競艇の秋」と言うことで、いよいよダービー!
先日の芦屋G1でダービー前の記念戦線は終了。
ちなみに芦屋は6コースからの目の覚めるような捲り差しで山下選手が優勝。
準優勝戦では10万舟を演出し、優勝戦では5万舟を演出し優勝。
山下選手を信じたファンはさぞかし美味しい思いをして、尚且つ9年振りの記念制覇を喜んだことでしょう。

『山下和彦 選手 G1制覇おめでとう!!』

展開を作った滝沢は非常に惜しかった。
俺は滝沢から買ってたから、「来た!!」と思ったのだが。。。。
でもあのスリットから伸びていっての一発が彼の最強の脅威です。
これからも信用して買いつづけるぞ!!

そしていよいよ来週からSGシリーズ第6戦 全日本選手権(通称:ダービー)
このSGは勝率順で出場権が決まるため、クオリティーの高いSGとなる。
最近めっきり記念で見かけなくなった作間章が、久々のSG登場。

一昨年の平和島開催では地元東京支部からたった一人で出場した高橋勲、去年は丸岡と瓜生が伝説のデッドヒートを見せた思いで深きSGです。
ちなみに一昨年のダービー王は現在B2。。。来期は上がると思われますが。。。
今年もハイクオリティーな熱戦を期待せざるを得ないわけです。
今回は魚谷、吉川の地元強豪を有する尼崎。
もちろん注目せざる得ないでしょう。

そして今年はまだSG未冠の銀河系は5人が揃い踏みで。
中でも井口は次回のチャレカはF休みのため今回が賞金王最後の勝負がけ。
銀河に負けていないのが、こちらも波に乗っている82期。
去年は坪井、赤岩と賞金王出場、今年は菊地がSG制覇とかなり好調を見せている期であります。
後は作間の記念制覇待ちとお伝えしておきます。

今回のSGで丸2年SG優勝から遠ざかることになる東京支部は、三角、濱野谷、角谷、石渡、飯山、作間、濱村美と7名も出場。
毎回言ってるが、濱野谷に頼ってばかりでなくてそろそろ頼みます。

尚、注目選手と勝手に優勝者予想は次回の更新で。
以前から更新頻度で指摘を受けることが多いのだが、ダービー開催前までにもう一度更新するとお伝えしておきます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。