So-net無料ブログ作成
検索選択

モーターボート記念の言い残し!! [競艇]

先日の更新でモーターボート記念については色々と書かせてもらったんだけど、一つだけ言い忘れたことがあったので、物申しておきます。

『井口君、あなたは篠崎選手を殺す気でしたか?』

あれは、殺す気だった以外に説明がつかないよね。
それと、もし相手が先輩選手であってもあんな突っ込んで行ったのかい?

競艇には先に回る選手に合わせて回る、または当てて飛ばしてしまうダンプと言うテクニック?がある。
またスタートで内にいる選手が外にいる選手に捲られまいとして張って飛ばすと言うこともある。
わりとベテランの選手はやることが多いね、上瀧、大嶋とか、赤岩なんかも印象深いところ。
これらは艇の側面と側面を当てるもの。
そんな許される範囲ですら、明らかに飛ばしに行くってのは如何なものだろうと個人的には思っているが。。。

しかし今回の井口のターンはそんな生易しいもんじゃない。
艇の舳先から速度落とさずに真っすぐ篠崎の側面目掛けて突っ込んでいる。

表現が伝わらない人は車で思い浮かべてください。
車の側面に正面から突っ込む交差点事故みたいなもの。
俺もこの手の大事故をもらった事があるが、さすがに突っ込まれる瞬間は死んだと思った。
ぶつかったのが3列目で誰も乗っていなかったから死者は出なかったが、それでも搭乗者重傷&車は配車になるほどの衝撃。
あとコンマ数秒交差点に入るのが遅かったら運転席に突っ込まれていたので多分死んでいたことでしょう。
映画のカーチェイスなんかでよく見る側面同士の当て合いなら、即死につながることも少ないと思うが、交差点で横から突っ込まれたら死ぬ確立は遥かに上がる。

井口がやったのはまさにそれと同じような突っ込みです。しかも自由の利かない水面で。

故意のようにしか見えなかったし、レース中に即失格と言うことだから、当然誰が見ても明らかだったわけです。
しかもダントツで6着を走っていた井口が2、3着争いをしている篠崎に向っていっているわけで。。。
すぐに諦めるレーサーより諦めずに上位着を狙いにいくレーサーはもちろん好きだが、井口の場合はふざけるにも程がある。
勝負がけ云々関係ねぇ~!

仮にも賞金王をとったレーサーがあんなレースしちゃいかんよ。
仲間も離れるし、ファンも離れる。
実際に井口ファンの後輩もさすがにあれはダメと、以降は井口の舟券は買ってない。当然俺も買っていない。
なんだかんだ信頼していたのに、残念でなりません。
篠崎は無事に予選突破もできたし、次の日しっかりレースに出てきたから良かったものの、あれで怪我でもして帰郷になんかなったら若い選手の可能性を潰したことになる!
そんなことでいいのか?井口くん?
勝てばいいだけじゃない!!
「今村や松井の強い中でのフェア精神をもっと学んでくれ」とお伝えしておいてください。誰か。

戸田グランプリで桂林の捲りに抵抗して西島が舳先から突進していって転覆させた一件があった。
あれも抵抗ではなく完全に殺しに行ったと思っているし、相当許しがたい事故だったため、未だに鮮明に覚えている。(ちなみにあの時は減点だけで済んだが・・・)
あぁ言うことをやっちゃうと、今でも西島は好きになれんし舟券も買うに気にならん。
今回の一件は俺的にあれ以上のレベル。

スタート攻勢で自力で勝っていたあの頃の井口は戻ってきそうもないね。
本人も反省しているのかも知れないが、とことん反省してください。殺してしまってからじゃ遅いんだから。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『ギターも始めました!』 [日常]

ブログ再開に続きギターも再開しました。

恐らく10数年振り。
実は昔はプロ的なものを目指して、曲なども作ってたり、バンドをやってたり、音楽関係の専門学校を卒業している過去もあり、実は音楽とは縁深いのであります。
プロを諦めてからは楽器は殆ど触れず、音楽も極端に聴かなくなり、音楽からは遠い生活になったしまったが。
最近色々なアーチストのライブ栄蔵・・・(辻かい!!)
ライブ映像をネットで見ていたら、「あぁやっぱギター楽しそうだなぁ~」って思い、ギターを弾きたいという衝動にかきたてられたわけであります。

と言うことで、まずは押し入れに眠っているギター達を蘇らせたので、一応紹介しておきましょう。

これは16歳の時、父に買ってもらった初めてのギターで自分の原点であります。
「YAMAHA RGX」
yamaha.jpg

最初だけで後は全然使わなくなったんだけど、色々な思いの入っているギターだけに処分することができなくて、大事に取ってある初代であります。


その後は、確かGRECOのLSP → YMAHAのST → YAMAHAのSGと使って
18歳くらいの時に手にしたのがこれ。
「FRNANDES Sustainiac」
fernandes.jpg

サスティニアック搭載で当時は超気に入っていた1本。
サスティニアックとは、引いた弦の音をず~っと振動させる機能で、弦を押さえている限りは音が切れないわけですな。
プロでは布袋、本田、HIDEなんかが使っていたと記憶しております。
確かセンターのピックアップはSHECTORのMonsterToneに変えていた気がする。(当然無駄な投資だったけど)
お気に入りだっただけに、使わなくてもずっと持ちつづけていたギターであります。



その後覚えている限りで、SHECTORのST → Rickenbacker → DuncunのST(これらはまともな金になるので売ってまいました・・・)
と渡り歩き、最後に買ったのが第9代目のこれ。
「FENDER JAZZMASTER 1968製」
fender.jpg

ジャズマスターは独特な音色で、その分融通は利かないのだが、大変惚れ込んでいたから、やめてからも売れずに大事に持っていたわけであります。
ギターとしては音が出されてなんぼなのに、暗い押し入れの奥で眠っている不幸なギターとなってしまったが。。。
価値がもっと上がったら手放すとします。

まずは弦を張るところからだが、これは難なくクリア。
続けて電池切れだったチューナーの電池を入れ替えて起動。
あれ?チューナーってどう使うんだっけ?って感じだったけど。
あれこれいじっているうちに思い出し、チューニングも無事完了。
続けて、今じゃ少々伸びても気にならなくなっている爪を切って準備完了!

とりあえず音を出そう。
初心者の第一の壁は「Fコード」だったよな。
と「Fコード」を押さえてみる。
いくら離れていてもさすがに、これは問題ない。(ここで躓いたらギターに触れることは2度とないとお伝えしておきます。)
とりあえずコードは一通りOK。

だがやはり昔のようには行かない。
ピッキングのタイミングもあってないし、完全に下手クソであります。
感覚を取り戻すまでは時間がかかりそう。
まずは初心に戻って、高校生の時に必至で練習した「BOOWY」とか「X」あたりを改めて練習してみるか。

それにはエフェクターが欠かせないので、ラックエフェクター引っ張り出してきて早速接続!
エフェクターの操作方法もあまり覚えていないが、とりあえずセット済みの音源があるし、こと足りるだろう。
アンプは全て捨ててしまったから、エフェクターにヘッドフォンを接続して、「ジャジャ~~ン♪」
ちゃんと音出るじゃん!!

じゃぁ「X」の曲でも練習してみるか!!

まずはネットで「X」のスコアを探してきて、たどたどしいながらも弾いて見た。
ん?音程がおかしい?
あぁ確か「X」は半音下げてた気がするぞ!
早速チューニングを直して、仕切り直し。

「ジャンジャカジャンジャカ~♪」
おぉ~これこれ。
それからすっかり夢中になって2時間程度弾いていただろうか。
譜面通りに弾くのは昔から苦手だったが、そこは相変わらず苦手なので、ある程度進行を掴んだらあとは聴いたまま雰囲気で。
少しずつ慣れてきたけど、まだまだ。
でもギターはやっぱり楽しいぜぃ!!

とりあえず、これから地道に練習を重ねて、再びプロ目指しますか!!
nice!(0)  コメント(0) 

【第56回 モーターボート記念】中年の星 今村が優勝!! [競艇]

9月なのに夏いねぇ~
この残暑はいつまで続くざんしょ。(ぷぷっ)

9月1発目にまず言わせて欲しい。

『中年の星☆今村豊選手 SG制覇おめでとう!!』

本人も優勝インタビューで言っていたが、今年のSGは4000番代しか取っていなく世代交代かと囁かれていた。
それを止めたのが、王者松井でもなく、光艇今垣でもなく、優出常連の濱野谷でもなく、恩年49歳の名人戦新人の今村豊であったわけであります。
思い起こせば去年の笹川賞、今村は優勝戦1号艇とSG制覇に1番近い位置にありながら瓜生に敗れた。
あれから1年数ヶ月。
再び堂々の予選トップ通過で見事優勝を成し遂げた。
4000番代の波を、今節出場者で唯一の2000番代が止めて見せたのだから、競艇ファンとしては沸きに沸いたはずです。
優勝インタビューでは一言一言を噛み締めながら語っている感じで、言葉に重みがあって、こちらも感動して涙がでそうだったよ。
これで次は賞金王。
勢いある若手勢に、絶対スロー域を変えない大ベテランが受けてたつことになる。49歳の黄金ヘルメットを期待しています。
多分2000番台で賞金王の可能性がある実力者は今村しかおりませんので。


そして大きな期待を寄せた東都のエース「濱野谷」についても、東京の人間として触れざるをえない。
怪我の影響も見せず、着もしっかりまとめて予選3位通過で1号艇をゲットし、しかもしっかりと逃げて優出して見せた。
今節決まり続けているスタートも0台ブチ込むし、こりゃぁやっぱ東京には濱野谷しかおらんのやぁ~!
「今年はの濱野谷は本気でSGを取りに行っている!」と大いなる期待に心躍らせた。

迎えた優勝戦。
当然ながら濱野谷を軸にした舟券もかいました。
「も」がついたのは、今節の蒲郡は2コース差しがまったく決まらず、覚えている限りでは「吉田俊彦選手」が決めた1本。
濱野谷を応援したい気持ちは山々だが、舟券的には4カドに伸び強烈な「仲口選手」がいることを考えたら、今村が逃げるか、仲口が捲るかが争点。
濱野谷に勝って欲しい気持ちはありながらも、舟券的本命は今村の逃げ切りをさせていただいたわけであります。
結果的には良かったよ。濱野谷を信じなくて。
あれだけしっかり決まっていたスタートも、いざ優勝戦になったらあのざまですから。

『コンマ25』

本気でSG獲りに行ってるなんて思った自分が恥ずかしい。
ただペラなりの反応があっただけだったんだねぇ~

だって明らかに1人だけおかしな奴になってたもん。ありゃぁ気持ちの問題。
濱野谷の場合、記念優勝戦ではスタートをしっかり決める回数より、決められない回数の方が多い気がするのは俺だけか?
しかも1周目バックでは3~4着走ってたのに、結果6着・・・
賞金は上積みで良かっただろうが、そういう問題ではないだろ。
2番、3番人気ぐらいで、少なくとも数億円分は濱野谷へ信頼が向けられたわけだ。
それに応えるためにも、0台ブチ込めとは言わない、せめて1艇身(コンマ15)だろ。
施工者にも迷惑かけてはいけないし躊躇するのもわかるが、せめて1艇身だろ。
優勝戦でのFは1年SG出場停止になるからリスキーだが、せめて1艇身だろ・・・・されど1艇身なんでしょうな。
う~~ん・・・濱野谷じゃなければスタート遅れなんて、まる無視でブログで触れることもないと思うが、濱野谷に関しては言わないと。
東京の多くの競艇ファンは、今村でも、中島でも、仲口でも、今垣でも、平本でもなく、濱野谷に勝って欲しいと願っているわけだから。
技術は申し分ないんだから、スタート練習して、もっとレースに集中してください!
と誰かお伝えしておいてくださいと、お伝えしておきます。

でも賞金は7千万に近づいたので賞金王は安全圏。
なんだかんだ言っても、やっぱり住之江での奮起に期待せざる得ないわけです。
頼む濱野谷、超本気になって賞金王を目指してくれ!!


そしてSGも残すところ2つ。
次回10月のダービーと、11月のチャレカのみ。
その前に、今月だけでも5つのG1があるわけで、このG1戦線も年末12枠への大事なレースになる。
優勝すればトータル1千万近い額が上乗せされるわけで、まだまだ余談を許さない。
例年になく苦しんでいるのは王者松井。
MBでは予選落ちで、ついには池田にも抜かれ、中島と僅差の9位。
それでも6千万近い賞金はさすが王者だが、これからの他選手の活躍如何によっては地元賞金王から外れるなんてこともありえる。
そう考えると、それはそれでやはり寂しい。
まぁ心配せずとも、しっかり入ってくるでしょうが。


最後に、今節の成績は好調で回収率300%越えとなりました。
蒲郡の記念はチョロイぜ!!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。